交通事故法律ガイド 解決事例

頸椎捻挫で収入も激減

被害者 Sさん(男性)
争点 後遺障害、休業損害
概要 追突事故をされ、頸椎を捻挫してしまった。現在も通院を続けているが、相手保険会社の態度が悪く、提示された金額にも納得できない。後遺症のせいで収入も減ってしまっている。相手に少しでも多くの賠償金を支払って欲しい。
解決方法 症状固定まで治療に専念し、病院で詳細な後遺障害診断書を作成してもらい、頸椎捻挫について後遺障害14級の認定を受ける。裁判を経て、約500万円の支払いを受ける和解を成立させた。
取得金額 約500万円

 

サブコンテンツ

topへ戻る