交通事故法律ガイド 解決事例

相手保険会社の提示額が低すぎる

被害者 Hさん(女性)
争点 休業損害、慰謝料
概要 追突事故を起こされ、車が壊れ、首と腰を負傷した。車の修理費用は相手から支払われることになったが、相手の保険会社が休業損害を認めないうえに、慰謝料の提金額も低く、納得がいかない。
解決方法 休業損害の支払と慰謝料額の増額を目標に相手の保険会社との交渉をスタート。受任後18日で、当初の提示額より約95万円増額の示談を成立させた。
提示額からの
増額
当初の提示額より約95万円増額

 

サブコンテンツ

topへ戻る