交通事故法律ガイド 解決事例

既往症があり後遺障害認定を受けるのが困難

被害者 Sさん(男性)
争点 後遺障害
概要 道路を横断しようとしたところ、二輪車に衝突された。脳挫傷等の大けがを負い、3ヶ月弱の入院を余儀なくされた。神経系統の機能等に著しい障害が残ったが、もともと精神疾患に関する既往症があったため、交通事故によるものだと明らかにすることが難しく、後遺障害認定を受けることが困難であった。
解決方法 事故後の医療記録や生活記録を詳細に調査し、事故前との変化をもとに後遺障害認定の申請を行った結果、後遺障害等級3級が認められた。さらに示談交渉により、総額約2,500万円の損害賠償金の支払を受ける内容で示談を成立させた。
取得金額 約2,500万円

 

サブコンテンツ

topへ戻る