交通事故法律ガイド 解決事例

事故の相手が外国人

被害者 Hさん(男性)
争点 物損事故
概要 交通事故を起こされてしまった。相手に車の修理代金を請求しようにも、相手が外国人で日本語が通じず、交渉ができない。
解決方法 受任後、相手に内容証明郵便を送付して交渉開始。受任後18日で、車の修理費用全額(約8万円)を支払う旨の示談を成立させた。
取得金額 物損の損害額全額(約8万円)

 

サブコンテンツ

topへ戻る