交通事故法律ガイド 解決事例

相手が過失を認めない

被害者 Iさん(男性)
争点 過失割合
概要 追突事故を起こされ、車両後部が損傷してしまった。相手は事故当初から自分には責任がないと主張し続けている。相手に車の修理費用を請求してほしい。
解決方法 弁護士介入後、相手に対して弁護士の名前の入った内容証明郵便を送付したところ、約1週間後に、相手の保険会社から連絡がきた。交渉の結果、相手の過失9割を認めさせる示談を成立させた。
過失割合 相手の過失割合9割

 

 

サブコンテンツ

topへ戻る